2010年04月27日

悪戦苦闘!?

i.jpg今年も「まつり」が始まりました。
posted by 森の人 at 23:20| Comment(1) | にしだ

2010年01月06日

今年もよろしく。

tobira.jpg明けまして、おめでとうございます。現在、月末の「背中から40分」公演に向け大道具の「扉」の製作中です。芝居、美術、全てにおいて意欲作になっています。是非、本番を観に来てください、役者スタッフ一同お待ちしています。
posted by 森の人 at 17:49| Comment(0) | にしだ

2009年09月25日

「火宅」無事終了しました。

2.jpg西田企画、「火宅」無事公演終了しました。この公演を暖かく支えてくださった皆さんに心より感謝しております。
さてっ!!、まつりも、いよいよクライマックスです!ラストスパートです!。祭り企画立ち上げから怒涛の数ヶ月、みんなが待ちに待った歓喜の瞬間が近づいています。さぁ、イカロスに行きましょう。
posted by 森の人 at 00:09| Comment(0) | にしだ

2009年06月10日

途中経過

DSCN1129Rs[.jpg.bmpせっかく訪れていただいて、何も更新されてないのは申し訳ないので途中経過の報告!?「イカロス祭り」本チラシの題字を現在製作中です。えっ!!読めないって!!平仮名で「まつり」って書いてあるんですよ。さてもう少し就寝時間まで頑張ります。
posted by 森の人 at 23:37| Comment(1) | にしだ

2009年05月06日

イカロス祭り 3

私は書とパフォーマンスのコラボレーションをしてみたい。何か一つテーマを決めてそれぞれの分野で、結末までストーリーを導く。例えば誰かの詩集、又は小説など。
書を書くと言う行為、パフォーマンスを融合することによって幻想的な一瞬を紡ぎ出したい。
色々アイディアも浮かんできたけれど、あまり詳しく、ここに書くとネタばらしになるので詳しくは18日のイカロスで。(19:00〜)
アートとは時代の熱や疼きを感じ、取り込み、吸収、昇華する行為。誰かの心に間接的なイメージ、経験となって残り、観る人の心が豊かになるようなそんな一瞬を求めて、同志を募ります。
それでは18日にイカロスで会いましょう。
posted by 森の人 at 13:07| Comment(0) | にしだ

2009年04月28日

イカロス祭り その2

今日は、自己紹介をします。私は、西田健と申します。イカロスでお会いして、私のことをご存知の方も居られると思いますがプロフィールを少し。私には健と言う両親が付けてくれた名前の他に、青堂(seidou)と言う雅号(ペンネームみたいなもの)があります。これは私の祖父が書道家で私も幼い時から書をたしなむため、亡き祖父が私に付けてくれたものです。(祖父について詳しくはこちらhttp://www.syunzyuu.com/)幼い時から祖父の書道家としての生き方に触れ、私もいつしか自然と創作活動の道に入りました。そんな中でイカロスの仲間と知り合い、色々な表現の可能性に出会うことが出来ました。そして今、イカロス祭りの中で新たな表現に挑戦したいと思っています。
posted by 森の人 at 01:23| Comment(0) | にしだ

2009年04月24日

イカロス祭り

初めてのブログ書き込みです。
先日イカロスでの集まりで、以前から度々議題に上がっているイカロス主体のイベント(イカロス祭り)について話し合いました。森の会は、イカロスの安定経営を、目指して支える事を目標に発足しています。その中で、イカロスをより有効に活用してもらうための企画として、イカロス祭りのアイデアが生まれました。この企画はイカロス使用の少ない月を一定の枠で借り切り、その費用を参加者全員で負担することにより、より経済的、人的負担の、少ない形で表現活動を可能にすると言う画期的なアイデアです。現在9月開催を目指し、参加者を募っています。これから随時このブログに私のアイデア、イメージなどを書き込んで行きたいと思いますので、よろしくお願いします。
posted by 森の人 at 04:21| Comment(2) | にしだ